ホーム鎌倉市医師会について

鎌倉市医師会について

鎌倉八幡宮

鎌倉市医師会は風光明媚な古都鎌倉に明治25年に設立されました。
設立以来百二十年以上に亘って地域医療の発展に献身してまいりました。

鎌倉市医師会は市民のみなさまの健康をお守りするため以下の活動をしております。

医師会長から

井口会長

鎌倉市医師会会長
井上俊夫

平成31年2月8日に会長に新しく就任いたしました。鎌倉市医師会の代表として会務に邁進する覚悟です。

就任に当たり会員の皆様はもとより鎌倉市民の皆様にご挨拶と今後の医師会の活動に対する決意と抱負を述べさせていただきます。

医師会は医師会員の互助・福祉・懇親を図る組織であるとともに鎌倉市の医療・介護・福祉を担う公益社団法人としての任務が課せられております。医師会の多くの会務・業務はこの二つの要素を両立させ推進しなければなりません。

近年の少子高齢化した日本の医療・介護の現場は多くの問題と課題を抱えております。特に高齢化は2025年問題として喫緊の対応が求められております。我々医師会の果たす役割も大きく、その対応は待ってはいられない状況です。

また近年急速に進歩してきました、人工知能による医療診断補助システムなども日本では初めてとなりますが導入を試みたいと思います。

そこで新しい医師会執行部としてこれらの問題に対応する事は当然でありますが、今後の課題として次の事業を推進し発展させて参りたいと思います。

1) 地域包括ケアシステムの構築
2) 在宅医療の啓蒙と拡大
3) 居宅支援事業の拡充
4) 小児を中心とした休日・夜間診療の充実
5) 少子化対策の一翼としての産科診療所(ティアラかまくら)の運営
6) 人工知能による医療診断補助システムの導入
7) 会員相互の連携と懇親

まだまだ医師会のすべき事業・業務は多々ありますが、上記の課題を中心に鎌倉市・鎌倉市民と地域の医療・介護を担う我々の医師会が一緒になって取り組んで参る所存です。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

平成31年2月8日
公益社団法人 鎌倉市医師会会長 井上俊夫

情報公開について

鎌倉市医師会は公益社団法人として定款および財務に関する情報を公開しております。

定款

貸借対照表